第610回 博物館再び

  • 2012/01/02(月) 22:39:54

Nr.610, Ein Museum wieder

イギリス編


ロンドンで有名な博物館といえば大英博物館



こちらは特に考古学的な収蔵品が多い。


エジプトやアッシリアからの発掘品の多さが目を引き、
展示室をあちらこちら駆けずり回ることに。。



特にアッシリア出土の「ライオン狩り」のフリーズは絶品で
全長は何メートルになるのか分からないほどに展示室いっぱいに広がっています。

アッシュールバニパル王とその家臣らによるライオン狩り(B.C. 645-635)





保存状態の良好さもさることながら非常にアーティスティックな仕上げ具合で
狩りの光景が生き生きと目の前に浮かんできます。



アテネのパルテノン神殿よりフリーズ(ごくごく一部)


ベルリン、ペルガモン博物館所蔵の「ゼウスの大祭壇」を思わせる。




その他の収蔵品から

中米文明から。なんでしょう?



蛇でした



モアイさんもこんにちは



16世紀のナイジェリアに菊の御紋が!?



押収した武器で作られたアート作品



「えの素」を思い出した(アッシリア、紀元前9世紀)「Crossising a river」



これは一体・・・




自然史博物館もそうでしたが、この大英博物館も入場無料。

寄付を募ってはいるものの、基本的に無料で入れるのは何と言ってもありがたい。


とても一日で全て回れる大きさではなく、
都合4度も訪れました(開館から閉館までではないけれど)。

それでもまだまだ、まだまだ・・・・見きれないので
またいつか行かねば。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する