ドイツ通信 第291回 日本に行きます

  • 2008/11/28(金) 21:42:44

Nr.291, Ich fliege mal nach Japan!

というわけで、またドイツに戻りますが。
一時帰国です。

日本は1年と数ヶ月ぶりになります。

1月11日(日)、日本着。
1月26日(月)、日本発。

お暇な方は、ぜひお会いしましょう。

一度、うちに集まってパーティーでもしてみますか。
ドイツらしい集まり方で。
ワインとか手作りケーキとか持ち寄って。
友人の友人を招いてみたり。

終電?そんなの関係ねえ!
週末だったらできるでしょう。
色んな友人を招きたいな。そこから新たなつながりができるかも☆

てなわけで、そこんところヨロシク。

ドイツ通信 第290回 多すぎる!

  • 2008/11/28(金) 20:56:09

Nr.290, Zu viel!

昨日、amazon.deに注文していた品が届きました。
正確には郵便局まで取りに行ったんですが。


J.S.バッハ全作品集CD155枚セット。(厳密には全作品ではないらしい)


わずか47.97ユーロ。5800円でした。

日本のamazonにも同商品があるけど、13000円以上するようでした。







全部聞き終わるのにどのくらい掛かるんだろう。。。



次はモーツァルトのセットでも買おうかな。
そちらは170枚だそうです。
作曲しすぎ。。。

ドイツ通信 第289回 冷たい食事と外人局

  • 2008/11/26(水) 00:04:43

Nr.289, Keltes Essen und Ausländerbehörde

先週、休暇旅行に行っていたら仕事がたまってしまいました。
今は家に帰ってから残業しています。

原稿書きがほぼ終わったので、後は翻訳を残すのみ!
この仕事も今週で終わりなので、ラストスパートです。


てなわけで、最近の夕食は簡単なパプリカサンドイッチとお茶だけ。
典型的なドイツの「冷たい夕食」です。

料理をする時間がもったいないので。
(といいつつブログなんぞ書いていますが)

パプリカサンドイッチ(パン、塩、ハム、ニンニク、パプリカ、チーズ)



あ、今笑った人いるでしょ?
これ、結構いけるんですよ。


昨日の夕食と違うのは、パプリカのだけです。
昨日は、おとといは黄色でした。



そうそう、今日外人局に行って、ビザをもらってきました。
2月頭まで有効。
もちろん労働許可付き(今の会社でのみ有効だけど)。

次の仕事が見つからなかったら日本に帰らざるを得ませんが、
まだ分かりません。
どちらにしても次を探さないといけないのですが。。。

今の会社の別の部門から、1つ良さそうな話があるのだけれど、
交渉がゆっくりとしているし、
条件についても詰めきれていないので、まだ何とも言えません。

とりあえず、今週は仕事です。

ドイツ通信 第288回 雪と衝撃ニュース

  • 2008/11/23(日) 14:15:10

Nr.288, Schnee und eine schockierende Nachricht

最近、ベルリンを離れていたのですっかりご無沙汰になりました。
そうこうしているうちに気温も下がってすっかり冬模様。

金曜に初雪が降り、いきなり吹雪になりました。
土日の夜中にも降ったようで、一面薄い雪に覆われています。

23日、日曜午前7時。我が家から。


同11時半。


我が家に近い湖。



もちろん暖房はガンガン点けています。
部屋にいても足が冷えるのですよ。

地下室に薪と練炭を取りに行くのが欠かせない日課です。



と、
日本の事情に疎くなっていた所に飛び込んできた、衝撃的なニュース。


国籍法改正案


外国人の間に生まれた子供であっても、日本人男性が認知するだけ
その子供は日本国籍を取れてしまう、
という恐ろしい法案。

その恐ろしさはこちらのリンクで非常に分かりやすく説明されています。
短い時間で、この法案が内包する危険性が分かります。

・実の子以外を認知することは出来ません。
・偽装届けは1年以下の懲役か、20万円以下の罰金。
・しかし、本当に親子かどうか確認するためのDNA鑑定は必要なし

ということは、
外国人の両親の間に生まれた子供を
日本人が「自分の子供」だと認知しても、確認手段がない。
つまり日本国籍を20万円で買えることになります。

ホームレスや、手っ取り早く現金が欲しい者が「偽装父」として募集されるでしょう。

これでは「日本国籍」が安売りされてしまう
日本での不法滞在につながり、
パスポートの転売で、特定アジアが日本でスパイしやすくなる。

事は世界で絶大な信頼を持つ
「日本国パスポートを持つ日本国民」の信用に関わることです!

これは「日本国」の破壊に使われ得る法案だと思います。
その観点から反対です。

「他の国もそうしている」とか、「世界の風潮」だとかいうのは、
物を考えていない証拠です。
日本には日本の状況があるので、他国の政策をそのまま真似る必要はありません。

外国人が増えると「日本の伝統がなくなる」云々は、わたしは個人的には気にしていません。
そんな簡単になくなるものなら、なくなっても大した影響はないでしょうから。

容易に日本国籍を取らせないことを以て、
「既得権益にしがみついている」と表現する人もいるようですが、
その既得権益とは「安全に生きること」だと回答したいと思います。

だから、「国家(国籍)は古い」とか、「地球市民で皆平等」だとか聞くと、
「仲良しグループしか知らないのではないか?」と思ってしまいます。
破壊・スパイ活動や経済的困窮から、国境を違法に越える人が後を絶ちません。

国家は守るべきものです。裸の個人の集団には己を守る術は限られています。
国家と国民が一体になって、外敵に対応する。
これはわたしの国家観です。

こんなにひどい法案が衆院を通過(18日)してしまうなんて。
日本はどれだけ外国から操られているのか?

ドイツ通信 第287回 まさかそんなことが起こるなんて!!

  • 2008/11/09(日) 20:17:48

Nr.287, Ich hätte gar nie gedacht, dass ES passieren würde!!

現在の仕事は相変わらず調査・記事の執筆。


他にも新しく求職者用のHPを立ち上げるとか、
フリーペーパー発行とか幾つかの計画があったんですが、、、




先週末、プロジェクトが急遽凍結され、
全インターンの解雇契約解除が発表された!



皆、寝耳に水で、
ようやく健康保険と労働契約の面倒な手続きが終わり、
ビザの手続きに本腰入れられると思ったところだったので、もう大慌て。

それも健康保険のカードが届いていない!

とりあえずビザの手続きは続行するので、年末までは居られますが、
1月からが全く決まっていない。
同僚9人、途方に暮れています。

EU圏の人はまだ他を当たれるけど、
こっちはビザが必要なんじゃ!!


急にポッカリ穴が空いたもんだからエライことになりました。
マジでしゃれになりません。

前回のブログで変なことを書いた翌日に、こんなことが起きるなんて。。。


プロジェクトの本部があるキプロスに来ないか?と誘われていたんですが、
それもほぼポシャリました。
キプロス出張話もなくなりました。

来週詳しく話し合いをしないといけません。


人生いつも綱渡りで、心臓に悪いです。もしかしたら帰国かも。
何か悪いことしましたっけ?

この夏、「ビザの延長ができなければ、冬のシベリアを通って日本に帰るつもり」
などと思っていたら幸運にもプラクティクムを見つけた。
「シベリア残念!また今度」なんて言っていたら、このざまです。
では本当に「シベリア行き」ということですか?


また職探しです。。。
1つ2つ仕事(?)の話があるのですが、時間的にまだまだ先のこと。
それまでをどうするか。

古巣の映像関連であれば、
こちらで職探しの協力をしてくれるという話もあるのだけれど、
どこまで出来るものか。。。
いかん、弱気になってはいかん。

よい話をご存知の方、教えてください。