第363回 ドイツ通信 甘党には堪えられない

  • 2009/06/29(月) 21:40:19

Nr.363, Ich, als Naschkatze kann nicht geduldig sein!

ベルリンに美味しいパフェ屋があると聞いて、待ち合わせをして連れて行ってもらった。
なんとベルリン東駅の構内にあるというではないか。

何度も利用したことがある駅にも関わらず、この店のことはまるで知らなかった。

駅正面を入ってすぐ左手。

TIZIANOというアイスカフェ屋である。
80種類ものパフェがあるのだとか。

メニューをめくっていても迷うばかり。
その間に乗車する列車が到着するのではなかろうか。

Rote Grützeという北ドイツ・スカンジナビアの名品。



赤いベリー類をふんだんに使った一品。


確か5.80ユーロ。
甘いアイスとシロップに、いささか酸味のあるベリーがマッチする初夏の味。

この日はすでに、
昼食に煮物にご飯、食後にトルコのバクラヴァを食べていて明らかにカロリーオーバー。

夜にも飲み会を控えていたが、こんなのがあると聞いては我慢できない。
と、正当化する。

第362回 ドイツ通信 ベルリン再び

  • 2009/06/28(日) 19:33:53

Nr.362, wieder Berlin

雲海を抜けたルフトハンザ機は馴染みのベルリン・テーゲル空港に着いた。
空から見るベルリンはとにかく森と湖沼に囲まれている。

隣合う池の色がことごとく違うのが面白く、
いつまでも飛行機の小窓にひっつく子供のようだった。

いつも夜の離着陸が多かったので
改めて見るのはずいぶん久しぶりのことだ。

頭の中のベルリン地図と比べてみるが、初めての光景もあり、
この巨大な村のことを意外と知らないのだと気づかされた。

------------------------------------------------------------

ベルリンに着いて荷物を置き、さっそく前に住んでいた家へ片付けに行く。

その道中のトラムの停留所にて、石野卓球のライブポスター。


ベルリンで人気があるらしい。


ベルリンに残してきた大量の荷物の片付けは1日で終わらなかったので、
もう半日必要だった。

郵便局で買ったLサイズのダンボールに
詰めるだけ詰めても最大重量の20kgには届かない。

本や書類、CD、DVDの類が多く、かなりの重量を覚悟していたが、
2個にまとめてキプロスへ発送。

キプロスまで、20kgで32ユーロ。意外と安い。×2個=64ユーロ。

引っ越し売りとして出していた
木箱・ヘッドフォン・スピーカー・DVDプレーヤーも売れてすっきりした。

------------------------------------------------------------

わたしの住んでいた家には屋根裏部屋があって、通常は使っていないが
洗濯物を干すときにたまに登ったことはあった。

しかし、屋上には上がったことがなく、
今回初めて屋根からの眺望を堪能した。

東ベルリンの町並み。

東方面から、


南東へ、


そして南。


森の向こうにWeißenseeという湖がある。

ビーチは一年中営業していて泳ぐこともできるが、
この時期は寒かった。

凍ったWeißensee
(2009年1月2日)

トラムが家の目の前に停まるので大変便利。



その後は巻き寿司を作る!
冷凍鮭を解凍してスライスし、圧力鍋で炊いた米に米酢をかけてかき混ぜる。

その他の具は、きゅうり、玉子、練り梅、わさび。


キプロスではこんなの食べられない!めちゃめちゃ美味す。

第361回 キプロス通信 キプロス再上陸

  • 2009/06/24(水) 21:58:14

Nr.361, auf Zypern wieder gelandet

月曜日にベルリンを発ち、フランクフルトを経由して、
翌日早朝、キプロスはラルナカ空港に無事到着しました。

午前2時着予定の飛行機は2時半に到着し、
入国審査も簡単な質問で乗り越え、荷物も検査されず
再びキプロスに戻ってきた。

しかし、ここからの道のりもまた長い。

空港を出発するバスは始発が4時。
それまでトイレで歯を磨いて過ごす。

バスは空港からぞろぞろ降りてくる客を待って、4時になっても出発しない。

リマソールに着いた5時には空が明るくなっていた。
バス停は辺鄙な地。
赤く染まりつつある空を遠くに望みながら、人気のない道路を我が物顔で歩く。

家まで重いトランクを引きずること30分。
車はほとんど走っていない。
汗ばみながらようやく我が家に着く。

冷蔵庫で冷えた水をガブ飲みし、床に就く。
暑い。空気が淀んでいる。

1週間の間に、また暑くなっていた。

次回からはベルリンでのことを書こうと思います。

第360回 キプロス通信 飼育員(ぽっぽや)

  • 2009/06/14(日) 16:17:12

Nr.360, Züchter(Poppoya)

第351回でも書きましたが、最近鳩の孵化ラッシュです。

この間発見した卵以外にも、
植物の隅や、別の窓の傍に卵が産み落とされていて、母鳩が温めている。


前回書いた、なかなか孵らない卵から出てきた2羽の雛。5月31日17:25


同じ雛。5月31日18:15



少し時間が経ちました。


生まれて数日の別の雛。6月13日15:04


窓を開けて写真を撮っていたら、、、 6月13日15:09


すぐに母鳥がやってきた。別の雛。6月13日15:10


さっそく飛ぶ練習。6月13日19:08


きょうだいの孵化を待つ雛。6月13日




別の雛。6月13日




明らかに昨日より成長している。始めの方に昨日の写真あり。6月14日14:30


といっても、わたしが実際に飼育しているわけではありません。
悪しからず。

第359回 キプロス通信 ドッキリ!浮気進行中

  • 2009/06/13(土) 22:41:50

Nr.359, Erschreckend! Ich bin am Fremdgehen.

日本で知り合い、ドイツにも連れて来て、
そしてキプロスまでも一緒に来た相方。。。

長年連れ添っただけに、お互い酸いも甘いも知り尽くしている。


旅行に行くときもいつも一緒。

そんないい伴侶を差し置いて、実は最近浮気をしています。

大きな声じゃ言えません。
ここだけの話です。くれぐれも口外しないように。

相手は同じく日本からやってきたすてきな・・・



日本からやってきた電子辞書。
外国語用としては初めて買いました。


あれ?どうかしましたか?

辞書と畳は新しいほうがいいと誰かが言ったとか言わなかったとか。。。

わたしは辞書については、手によくなじむ紙派なので
今まで外国語用の電子辞書は持っていませんでした。
ドイツ語を始めたときからずっとそうです。

紙の辞書の利点は、
・空いたスペースにメモを書き込める。(類義語・反義語、見つけた用法、コメントなど)
・検索した単語とは別の語にも目が行く。(その単語の前後左右)
・間違った綴りで単語を検索しても、別の単語に行き当たり、思わぬ発見がある。
などです。(個人的感想です)

特に語学の学習では、たくさん寄り道をしたほうが
吸収するものが増えると思うのです。

電子辞書は軽く、出先で咄嗟に分からない単語を調べるのには向いていますが、
学習用としては不向きなのではないかと思っています。
検索の効率が格段に良いだけです。

----------------------------------------------------------------------

さて、語学学習に単語の習得は欠かせませんが、
わたしは独自の方法を取っています。

ドイツ語の勉強をするにあたり、色々と調べ、自分で改良した結果です。


・まず紙の辞書を用意します。
この辞書には最重要単語・重要単語が特別に色分けされていたり、
太字で強調されていたりしなければなりません。

・そして定型の反古紙を大量に用意します。

・辞書に載っている重要単語を片っ端から書いていきます。
文法や会話の練習の傍ら進めていって、約5000語で約1ケ月かかります。



カードの内容(ドイツ語の名詞の例)

++++++++++++++++++++++++++++++++++
          Studium



  N    (大学での)勉学          
       研究、調査、検討
                 s/...dien
++++++++++++++++++++++++++++++++++

書き込む内容はこれだけです。
例文は書いていると時間がかかるので、とりあえずいりません。

N (中性名詞)
s/...dien (単数2格/複数形)


・A項からZ項まで書き終わったら、出来上がった単語カードを机の上に積みます。

・机の上に1から5までのスペースを作ります。

・最初、全ての単語カードは1の位置にあります。

・一枚一枚めくっていって単語の意味を当てていきます。

・意味が分かった単語カードは、隣の2に移動。
分からなかった単語カードは1に留まります。

・1にあるカードの山を全てテストし終わったら、
2の位置にある単語カードを同じようにめくっていって、当てていきます。

・そして意味が分かったらそのカードは3に移動。分からなかったら1に移動します。

・2の位置にある全てのカードをテストし終わったら、
同じように3の位置にあるカードをチェック。
意味の分からない単語カードは、やはり1に移動。

・5の位置まで繰り返していって、また1のカードの点検に戻る。

・時々、順番を変えて5から始めていったり、
1の山がいつまでも大きければ1のカードを集中的にめくっていっても良いでしょう。
自分に合うように改良してください。

・どうしても覚えられない単語のカードには、
英語の意味や、例文を適宜足していって理解を助けます。

・辞書では重要単語になっていなくても、2回以上目にした単語もカード化します。
重複していても構いません。

・そんなふうにひたすらめくっていって数ヶ月たつと、
かなりのカードが5の位置にたまっていきます。

・カードの位置具合であなたの頭の中に記憶されている単語の量が分かります。


重要なのは、学習の成果が自分の目で確認しやすいこと。
目の前のカードの山の移動具合でどの程度頭に入っているか分かります。

かつて作った単語カード。紙がやや厚かったので約3kgくらいあった。


これを丸ごとドイツに持って行きました。もっと薄い紙で作るんだった。。。

ここでもやはり電子辞書ではダメです。
致命的な欠点があります。

単語を書き取っていく過程で、
辞書に挟まれるしおりの位置がZに向かって一日一日移動していきます。

これによってどのくらい自分が努力しているか、目に見えます。
電子辞書ではその過程が見えません。


また、単語カードは自分で手書きしないと意味がありません。

ドイツで勉強しているうちに壊れた紙辞書。水糊で接着して今も健在。


というか書き込みが異様に多いので、今となっては宝物です


浮気はしても、やっぱり古女房の所がいいってわけですね。
お後がよろしいようで。