第557回 大災厄

  • 2011/02/27(日) 19:48:33

Nr.557, Große Hungersnot

アイルランド編


ダブリン市を南北に分けるリフィー川のほとりに、
付近の風景にはおよそそぐわない、恐ろしい形相の銅像群が立っています。





19世紀中葉、
主要作物のジャガイモが疫病に見舞われ、大量の餓死者を出した
"Great Famine"(大飢饉)を祈念して建てられたもの。










食糧価格が上がり、食料危機もあると言われています。

過去に目を閉ざすことなく政治の行方を見つめましょう。