第648回 バンスカー・ビストリツァ のハイライト

  • 2012/07/09(月) 20:58:34

Nr.648, Highlight von Banská Bystrica

スロヴァキア編バンスカー・ビストリツァ


丘の上に見た教会と思しきものは博物館でした。



その名もスロバキア民衆蜂起博物館(SNP博物館, Museum of the Slovak National Uprising)。


対独蜂起の中心的役割を担ったバンスカー・ビストリツァに、
この博物館が建てられました。


入口には縛られた人間を模したおどろおどろしいブロンズ製のモニュメント。



楕円形の2階建ての建物の真ん中が真っ直ぐに割れ、
半分が戦前ナチスドイツに蹂躙されたチェコスロヴァキアの展示。
ドイツ軍の装備品や、反ファシズムレジスタンスについて。

歩道橋を渡ったもう半分は、戦後ソ連の衛星国となったチェコスロヴァキアの展示物。
スターリンやレーニンの真っ赤な旗が目にも鮮やか。


時期が悪いのか他に見学者はなし。



博物館の敷地入り口にはソ連製リスノフ2(Li-2)


スロバキア民衆蜂起の際にソ連から供与された航空機で輸送機として活躍したそう。




駐車場の向かいにはソ連製やドイツ製の装甲車・戦車・対空砲の野外展示。



柵も何もないので、自由に触れることができます。



日本にも自由に触れられる博物館があればいいのに。



雨ざらしというのがもったいないのです。



大変お勧めの博物館です。



バンスカー・ビストリツァ続く

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する