第656回 新しい街へ

  • 2012/10/04(木) 22:53:29

Nr.656, Zur neuen Stadt

スロヴァキア編コシツェ


さて、このブログの存在も忘れられかけていると思います。


2011年1月13日、
スロヴァキア中部・バンスカー・ビストリツァ(ドイツ名:ノイゾール(Neusohl)から
列車で東部の要衝コシツェに向かいます。




途中、高原地帯を通り、



小さな町を抜けます。


吹雪にもなりました。



コシツェ(Košice)。ドイツ名:カッシャウ(Kaschau)。


古くは13世紀からドイツ人が住み、
地理的・歴史的にはハンガリーにも近く、町のあちこちにそれらの遺構を目にします。



前回、8年前の旅でもこの町に寄りましたが、
その時はポーランドから南下しタトラ山脈を抜けて来ました。

あれはスピシュ城が冬季休業に入る直前、サマータイムが終わる時期でした。
まだユーロ導入前でスロヴァキア・コルナが大変安かったことを思い出します。


その時も問題となったのが「宿」。
他の町では簡単に見つかる手頃な宿がこの町ではなかなか見つからなく、
高めの値段で妥協。

そんな記憶があったので、今回は事前に調査済み。



コシツェ駅



構内にドイツ系スーパーが入り、大変便利になりました



市内にはいくつか手頃なホステルがあるそうですが、
駅からだいぶ遠い。


少し高くても便利な所が良いと思って調べたら・・・

ありました。

ネット予約はできないので飛び込みすることにしました。


それがこちらの「ZSRウビュトヴナ」。



駅の真横にあるバスターミナルの目の前。
「UBYTOVŇA ŽELEZNÍC」とも書いてあります。
http://www.kosice.sk/clanok.asp?file=hotely_uk.htm#hostels2


事前に調べなかったらここが宿ということすらも分からなかったでしょう。

なぜなら外観には
スロヴァキア語で「Turistická ubytovňa」(ツーリストホステル)と小さい表示があるのみで
HOTELともHOSTELとも書いていないからです。

写真で見た時はくすんだ灰色の外壁が印象的でしたが、
実物は塗装もし直され、きれいなオレンジ色に輝いておりました。

暖房や温水シャワーはバッチリですが、冷蔵庫もTVもWIFIもありません。
一泊11ユーロ。


ビールや朝食のハムやチーズは夜のうちに窓の外で冷やしておいて、
地階のコーヒーベンダーで30セントのモーニングコーヒー。

旅をしている感じが出ます。


こちらを参考にしました。


バスターミナルを見下ろすホステルからの眺め

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する